BLOG

入社前に知っておこう!配管溶接の仕組みや種類について

空調配管工事や溶接工事を手がける合同会社後藤設備では新規スタッフを求人中!
今回は配管溶接についてご紹介します。

配管溶接の仕組み

溶接工事配管の接続部に溶接加工を施すことで配管がつながり、希望の長さなどにすることができます。
接合部の溶接にはさまざまな方法が用いられますが、主なものは3種類で、熱を加える「溶融溶接」、圧力を加える「加圧溶接」、溶加材を接着剤として使用する「ろう接」が該当します。
母材に適した方法で溶接しないと耐久性が落ちてしまったり、事故につながる恐れがあるため、一定の知識と経験が必要になります。

配管溶接の種類

溶接種類としてよく使われるのは以下の5つです。
・被覆アーク溶接
・Tig溶接
・Mag溶接
・半自動溶接
・プラスチック溶接

現場や母材に合った種類の溶接を選択して施工を行ないます。

転職者歓迎!経験不問で求人中です

スキルも資格も働きながらゲットできるため、未経験者や異業種からの転職者も大歓迎!
上記の知識が頭に入っていると、きっと仕事が捗りますよ。
求人に関する詳細は『採用情報ページ』をぜひご覧ください!
福岡県柳川市をはじめ、各地からのご応募を心よりお待ちしています。

採用情報


空調工事・配管工事は福岡県柳川市の合同会社後藤設備へ
合同会社後藤設備
〒832-0001
福岡県柳川市蒲生1053-4
TEL:090-9586-0444 FAX:0944-85-7611
※営業電話お断り

関連記事一覧