コラム

column

配管工事で必要な資格とメリットとは?

こんにちは!
九州全域のビルや商業施設を対象に業務用エアコン工事などの空調工事・配管工事を行っております、合同会社後藤設備です。
福岡県柳川市に事務所を構え、約30年にわたり経験を積み、プロフェッショナルとして信頼をお寄せいただいております。
配管工事に関する資格はさまざまな種類がありますが、配管工事で必要な資格にはどのようなものがあるのでしょうか。
今回は配管工事で必要な資格とメリットをご紹介します。

管工事施工管理技士

PCでメモとり勉強
管工事は、資格を取得していない状態でも携わることができますが、工事現場における施工や工程、安全を管理する業務には管工事施工管理技士の資格が必要です。
管工事の主な仕事は、建物内において各設備のパイプやダクトを配置することです。
建物は規模が大きくなればなるほど、配管も複雑になります。
配管ミスや事故は、大きな問題に発展する可能性があるので、施工計画や工事の工程管理、作業員の安全確保が欠かせません。
また、あらゆる建物に欠かせない配管工事は、常に高い需要を保っています。
管工事施工管理技士を取得することで、配管工事のスペシャリストとして大きくスキルアップすることができるでしょう。

専任技術者や監理技術者になれる

管工事施工管理技士は1級と2級があり、資格取得により専任技術者や監理技術者に就くことができます。
1級は特定建設業の専任技術者、一般建設業の主任技術者および監理技術者になることが可能です。
一方で、2級は一般建設業の専任技術者、主任技術者に従事できます。
更に、1級取得後に2年以上実務経験を積むことで、建築整備士の受験資格を得られます。
建築整備士は、空調や換気、給排水などの設計、工事監理の知識があると認められる資格です。
このように、管工事施工管理技士を目指すことで他の資格取得にもつながるため、キャリアアップを踏み出すには最適な資格といえるでしょう。

合同会社後藤設備の求人情報

WORKキューブ
ただいま合同会社後藤設備では、新規現場スタッフを募集しております。
経験者は能力に応じて給与面で優遇いたしますが、未経験の方も大歓迎です!
将来安定した暮らしを実現させるためにも、弊社で一生ものの技術を身につけてステップアップを目指しましょう!
社会保険やその他福利厚生、諸手当など充実していますので、安心して働けます。
興味のある方は、資格取得のための支援にも力を入れている合同会社後藤設備で一緒に働きませんか?
ご応募は採用情報ページをご覧のうえ、ぜひお気軽にご連絡ください。
最後までご覧いただき、ありがとうございました。