コラム

column

空調設備工事の参考に!ファンコイルユニットの形態について

こんにちは!
弊社は福岡県柳川市に事務所を置き、空調設備工事や溶接工事、配管工事などを手掛けている、建設業者の合同会社後藤設備です!
筑後市、久留米市、大川氏、みやま市などで活動しておりますので、空調設備や配管に関するお悩みは、弊社にお任せください。
ファンコイルユニットには、いくつかの形態が存在します。
空調設備工事の求職者は、それらの形態をしっかり理解しておくことが重要です。
そこで今回は、ファンコイルユニットの形態について解説いたします。
ぜひ、最後までご覧ください。

ファンコイルユニットの形態

天井埋め込み型エアコン

天井カセット型

天井カセット型は、本体を天井に埋め込むタイプです。
業務用エアコンではよく見られるタイプで、設置している施設を見たことがある方も多いのではないでしょうか。
天井に埋め込むことで、天井に一体化する形となり、すっきりと目立ちにくいのがメリットです。
設置場所の雰囲気を損ねたくないなどのご要望には、天井カセット型がよく利用されています。

天井吊り型

天井吊り型は、その名の通り天井に本体を吊るすように設置するタイプです。
天井カセット型とは異なり、埋め込む必要がないため、取り付けが簡単というメリットがあります。
施工も短期間で済み、工事費も抑えられるため、リーズナブルな施工をご要望するお客様に利用されているのです。

床置き型

床置き型は、本体を床に置いて使用するタイプです。
床に置くため、天井に設置するよりもお手入れしやすく、メンテナンスが捗るのがメリットといっていいでしょう。
お手入れを簡単にしたい人や、天井への設置が困難な場所でよく利用されています。

壁掛け型

壁掛け型は、本体を壁に取り付けるタイプです。
床にスペースをとることなく、すっきりと設置できます。
規模の小さい事務所や店舗などで利用されていることの多いタイプです。

ダクト接続型

ダクト接続型は、ユニットとダクトを一体化させたタイプです。
吸い込み口と吹き出し口を好みの場所に取り付けられます。
レイアウトを自由に決めたいなどのご要望では、ダクト接続型をおすすめするケースが多いです。

二重床吹き出し型

二重床吹き出し型は、二重床に吹出口を設置して、そこから空気を供給するタイプです。
冷房熱源の運転が高効率となるため、省エネで運転したい人などにおすすめしています。

【求人】現場スタッフ・職人募集中!

初心者マークと刷毛
いかがでしたでしょうか?
ファンコイルユニットにはさまざまな設置形態があり、お客様のご要望に合わせた提案をすることが大切です。
現在弊社では、空調設備工事などを手掛ける現場スタッフや職人を募集しております。
未経験でも始められ、長く続ければ専門的な知識や技術を身につけられるでしょう。
資格取得支援制度も導入しておりますので、キャリアアップを目指したい方にもおすすめです。
出張が多くなりますが、出張手当や食事代などを支給いたしますのでご安心ください。
皆様からのご応募を、心よりお待ちしております。
最後までご覧いただき、ありがとうございました。