コラム

column

空調設備工事業者が教えるFCUとフロン排出抑制法について

こんにちは!
建設業者の合同会社後藤設備と申します!
現在は福岡県柳川市に本社を構え、福岡県を中心とした九州全域で活動中です。
主に、空調設備工事や配管工事などを手掛けております。
業務用エアコンなどを設置・解体する際などは、フロン排出抑制法に気をつけなければなりません。
ただ、FCU(ファンコイルユニット)の場合は、フロン排出抑制法の対象となるのか気になりますよね。
そこで今回は、ファンコイルユニットとフロン排出抑制法について解説いたします。
ぜひ、最後までご覧ください。

フロン排出抑制法とは?

緑と空
フロン排出抑制法とは、フロン類を使用した機器から、フロン類が漏えいするのを防止するために設立された法律です。
平成27年4月1日に全面施行され、正式名称を「フロン類の使用の合理化及び管理の適正化に関する法律」と呼びます。
主に、業務用エアコンや冷蔵庫・冷凍庫などの機器が対象で、取り扱う施工業者や解体業者は、フロン排出抑制法について理解しておかなければなりません。
なぜ、フロン類の漏えいが恐れられているかというと、地球温暖化への影響が非常に大きいからです。
そのため、フロン類の漏えいは日本だけなく、世界中で問題視されています。
フロン排出抑制法では、機器の管理者は、業務用冷凍空調機器すべてについて、点検整備記録簿をつけて管理しなければならないとあります。
加えて、全て3か月に1回以上の簡易点検の実施といった定期点検をする必要があるのです。
万が一でも怠ってしまうと、罰則・罰金が科せられることになります。
つまり、取り扱っている機器、使用している機器がフロン排出抑制法の対象になるか把握しておく必要があるのです。

ファンコイルユニットについて

フロン排出抑制法について簡単に解説しましたが、ファンコイルユニットは、その対象になるのでしょうか?
ファンコイルユニットは、運転に冷媒ではなく水が利用されているため、対象とはならず点検義務はありません。
ただ、運転に必要な冷温水を作っているチラーなどの熱源機器には、冷媒が使用されているものもあるため、フロン排出抑制法の対象になる可能性があります。
そのため、空調設備工事に従事する人は、どこまでの機器が対象となるか確認しておきましょう。

【求人】現場スタッフ・職人募集中!

worklife
現在弊社では、空調設備工事などを手掛ける現場スタッフ・職人を募集しております。
基本的な業務は、ファンコイルユニットの設置や、設置に伴う配管工事・溶接工事です。
筑後市・久留米市・大川市・みやま市などの福岡県を中心とした九州全域が対応エリアとなります。
弊社では、経験の有無を問わず、どなたでもご応募可能です。
弊社業務の特徴として、出張が多い傾向にあります。
しかし、出張手当や通勤手当をはじめ、昼食代なども支給しておりますのでご安心ください。
皆様からのご応募、心よりお待ちしております。
最後までご覧いただき、ありがとうございました。