コラム

column

手に職をつけるなら溶接工になろう!

こんにちは、建設業務全般を手掛けている合同会社後藤設備と申します!
弊社は、福岡県柳川市を拠点として九州全域で活動中です。
主に、空調設備工事・配管工事・溶接工事などを手掛けております。
「手に職をつける」仕事に憧れはありませんか?
一生もののスキルを身につけたいと思う方も多いのではないでしょうか。
そんな方には、溶接工になるのがおすすめです。
今回は、なぜ手に職をつけるなら溶接工がおすすめなのかをご紹介いたします。
ぜひ、最後までご覧ください。

溶接工とは?

溶接作業
そもそも溶接工とは、熱などを利用して金属などの部材同士を接合する仕事です。
多くの設備では、溶接が必要不可欠であり、普段目にしたり、利用したりしている建物や設備のどこかで、溶接の技術が使われています。
つまり、溶接工は、ものづくりには欠かせない仕事なのです。
例として、自動車の製造工場といった金属製品を扱う工場や、配管の接合などが挙げられます。

未経験からでも働ける

手に職をつけるなら溶接工がおすすめな理由の1つ目は、未経験からでも働けることです。
通常、手に職をつけるとなると、若いころから経験を積んだ方でしか職人になれないイメージを持つ方も多いでしょう。
しかし、溶接工の仕事は、未経験者や異業種からの転職者でも、職人を目指せます。
もちろん、専門的な知識や技術が必要となる仕事ではありますが、やる気のある方やセンスのある方なら、職人になるのも夢ではないのです。
常に安全第一を心掛けつつ、現場経験を積みましょう。

スキルが収入に直結する

手に職をつけるなら溶接工がおすすめな理由の2つ目は、スキルが収入に直結することです。
仕事を続けるうえで、収入面は非常に大切な要素です。
しかし、収入は会社によって異なるのはもちろん、年功序列で決められていることも多く、稼げるようになるまでは長い年月がかかることも多くあります。
その中で、溶接工の仕事は知識や技術などのスキルが収入を決める世界です。
高度なスキルを身につければ、若い人でも高収入を目指せます。
中には、独立して自由に働いている方もいらっしゃいますよ。

【求人】現場スタッフ・職人募集中!

両手でヘルメットを持つ作業員
現在、合同会社後藤設備では、現場スタッフ・職人を募集中です。
入社後は弊社のメイン業務である、空調設備工事や配管工事、溶接工事の現場に携わっていただきます。
活動エリアは、筑後市・久留米市・大川市・みやま市などを中心とした九州全域です。
溶接工事は、一生ものの技術を身につけられる仕事です。
ぜひ、弊社で長く働ける技術で職人を目指しませんか?
皆様からのご応募、心よりお待ちしております。
最後までご覧いただき、ありがとうございました。