コラム

column

溶接工事の現場で押さえておきたいポイントを解説!

こんにちは!
建設業者の合同会社後藤設備です!
福岡県柳川市に本社を構え、空調設備工事や配管工事などを手掛けております。
主な活動エリアは、福岡県を中心とした九州全域です。
今回は、溶接工事の現場で押さえておきたいポイントをご紹介いたします。
溶接工事の仕事に興味がある方は、ぜひ最後までご覧くださいませ。

体調管理に気をつける

肩こりの女性
溶接工事の現場では、高温の発生する機器などを使用するため、安全面に配慮しなければなりません。
ですが、作業中の安全管理だけでなく、作業者の体調管理にも注意が必要です。
特に溶接工事の現場では、空調設備のない場所も多く、暑さなどで体力が奪われることも多いでしょう。
体力が消耗している状態では、集中力や注意力が欠如して、品質の低下や事故を招く可能性があります。
そのため、自身の体調管理にも気をつけましょう。

集中力が重要

溶接工事では、重い資材や機器を利用するため、細心の注意を払って作業に取り組まなければなりません。
部材を溶接する作業は、正確に溶接しなければ欠陥品や不良品を生み出してしまうでしょう。
溶加材を熱した間に素早く作業しなければいけないこともあります。
このように長時間かけて細かい作業や正確さが求められる作業を行うため、常に高い集中力をもって作業しなくてはなりません。
集中力をもって取り組むことで、安全面に配慮できるだけでなく、品質の向上にもつながります。
集中力が切れてきたと感じたら、すぐに作業を中断しましょう。

スキルを磨く

溶接工事の仕事は、手に職をつけられる仕事です。
身につけたスキルは一生ものとなり、腰を据えて長く働ける職種となります。
ただ、溶接工事は、同じ現場が存在せず、求められるスキルも異なります。
そのため、常にスキルを磨く意識で工事を行いましょう。

【求人】現場スタッフ・職人募集中!

白地に初心者マーク
現在弊社では、空調設備工事・配管工事・溶接工事の現場に携わるスタッフ・職人を募集中です。
筑後市・久留米市・大川市・みやま市などの福岡県を中心に、九州全域で業務を行います。
出張が多くなりますが、出張手当などの各種手当を支給いたします。
また、社会保険も完備した働きやすい職場環境です。
皆様からのご応募、心よりお待ちしております。
最後までご覧いただき、ありがとうございました。