コラム

column

気になる!配管工の将来性について

こんにちは!
建設業者の合同会社後藤設備です!
福岡県柳川市を中心とした九州全域で、空調設備工事・配管工事・溶接工事などを手掛けています。
配管工事は、やりがいのある楽しい仕事です。
ただ、配管工事の仕事には、将来性があるのか気になりますよね。
そこで今回は、配管工事の将来性について解説いたします。
ぜひ、最後までご覧ください。

配管工とはどんな仕事

パイプライン
配管工とは、液体やガスが流れる管を設置したり、メンテナンスをしたりする技術者のことです。
配管はさまざまな設備に必要不可欠であり、配管がなくてはライフラインが成り立ちません。
配管工の仕事内容は多岐にわたり、ガス配管・給排水管・空調配管など、いろいろな設備の配管の監理や修理、撤去を行います。
種類ごとに、それぞれの工事に関する知識や技術が必要となるため、配管工は非常に専門的な仕事です。

配管工の需要について

配管工の需要は、かなり高いといっても過言ではありません。
上記でも述べたように、配管はライフラインを支える設備の多くに見られます。
そのため、配管設備がなくなることはありません。
それ故に、配管工の需要が高いといえるのです。

配管工の将来性

配管工は、高需要であることから、将来性抜群であるといえます。
建設業の中にはAIを導入し、業務の自動化を図っている会社もあります。
しかし、配管工は切り加工や溶接、重機作業など、現場に合った施工が必要になってくるため、AIに仕事を奪われるといった心配もありません。
配管工はどのような生活を望んでいるかによって将来を変えられます。
配管工事を行う施工業者は多く、定職に就いて上の役職で働くことももちろんできます。
しかし、それ以外にも、独立して一人親方になることも可能です。
そのため、定職に就いて安定を狙うのもよし、独立親方になって自由な働き方をするもよしですよ。

【求人】現場スタッフ・職人募集中!

階段上にいる人
現在弊社では、空調設備の設置・改修、設置に伴う配管工事・溶接工事の現場スタッフや職人を募集中です。
対応していただくエリアは、筑後市・久留米市・大川市・みやま市などを中心とした九州全域となります。
弊社は、全スタッフが働きやすいように、充実した福利厚生を設けております。
皆様からのご応募、心よりお待ちしております。
最後までご覧いただき、ありがとうございました。