コラム

column

空調工事に必要な技術とは?ステップアップに必要な資格をご紹介

こんにちは!
合同会社後藤設備です。
福岡県柳川市を本拠とし、九州全域でビルなど大型の建築物を対象に、さまざまな空調設備の工事や配管工事を手掛けております。
現在弊社では、現場スタッフを募集しております。
空調工事に携わる際に「特別な技術は必要なの?」と、疑問をお持ちの方もいらっしゃるでしょう。
今回は、弊社でも施工を手掛けるさまざまな業務用空調設備と、ステップアップを目指す方にもおすすめの資格を紹介してまいります。
求職中の方はぜひ最後までご覧ください。

施設のさまざまな空調設備

空調設備工事
業務用空調設備には、さまざまな種類が存在します。
簡単な説明を交えて一部をご紹介いたしましょう。
・天井カセット形……店舗やオフィスなど、あらゆる場所に使用される主流タイプ
・ビルトイン形……本体は天井へ、吹き出し口は離れた場所にダクトでつなぐタイプ
・天井吊形……埋め込み不要で、細長い空間に効果的
・壁掛形……住宅のエアコンタイプで、風量は業務用なので強力
上記のように、業務用空調設備は形も設置場所も異なります。
どのような空間で使用するかなどによって選ばれる設備は異なりますが、どれもあらゆる施設で活躍します。

おすすめの資格3選!

電気工事士

空調設備工事を行う場合、必ず電気工事を伴います。
電気工事を行うには、この「電気工事士」という国家資格を持っている必要があります。
弊社のように大規模施設での空調工事を行う場合は、第一種電気工事士の資格が必要です。
3年から5年以上の実務経験を経て受験資格が得られます。

配管技能士

配管工事は空調工事のメインといえる業務です。
配管工事だけなら資格は不要ですが、重要度の高い工事のため、配管技能士資格を取得していれば安心して工事に臨めるでしょう。
実践的な技能や知識を学べる国家資格ですので、取得を目指してみてはいかがでしょうか。

管工事施工管理技士

管工事施工管理技士は、空調工事に付随する配管工事を行う際に、現場管理を担う役割があります。
こちらも国家資格で、将来的に管理者として活躍できますので取得をおすすめします。

【求人】合同会社後藤設備でステップアップ!

黒板ステップアップ
ただいま合同会社後藤設備では、新規現場スタッフを募集中です!
入社後は業務用エアコン工事や配管工事などに携わっていただきます。
ご応募に当たり、経験や必要な資格は一切ございません。
一生もののスキルを身につけて安定して働きたい方も、ステップアップを目指す方も、弊社がサポートいたします。
資格取得支援制度を設けておりますので、働きながら資格を取ってどんどん成長できます!
社内は和気あいあいとした雰囲気で、先輩スタッフが一から丁寧に指導いたしますので安心してお越しください。
柳川市や福岡県内で求職中の方は、ぜひご応募くださいませ。
最後までご覧いただき、ありがとうございました。